2016年も残りわずかとなりました。
回一堂鍼灸院の年末年始の休診は12/29(木)~1/3(火)を予定しています。
休診ではありますが、急な症状の方にはなるべく対応する予定です。
理由はシンプル。
年末年始って意外と急に体調を崩す人が多いんです。

休みに入って身体が休まるはずなのに不思議ですよね?
患者さんの話から推測してみると、寒さ・疲れ・気のゆるみが大きな理由になっていそうです。

寒さ、これは簡単ですね。
年末年始は朝晩の寒さが本格的になってくる頃です。
しかし、昼間は晴れればそこそこ暖かい。
この温度差に身体が対応しきれないと、冷えてしまって様々な症状につながります。
こまめに衣服を調整することが大切です。

疲れの影響も、僕がわざわざ書かなくても実感できるのではないでしょうか(笑)。
12月の別名は師走です。
忘年会、クリスマス、大掃除と普段とは違うイベントが目白押しですよね。
その疲れを解消しきれなければ当然体調に影響します。
自分の体力をしっかり見極めて、休める時に休みつつ乗り切るのがポイントです。

最後の気のゆるみ。
僕はこれが一番大きいんじゃないかと思います。
寒さや疲れは他の時期でもありますが、気のゆるみは年末年始だからこそです。
気がゆるむというと精神的なものと思われるかもしれませんが、東洋医学的に考えると身体にも無関係ではありません。
油断せず、メリハリをつけて過ごすといいかもしれませんね。
詳しくは過去の記事を読んでみてください。
[関連記事:「気のゆるみ」にご用心

回一堂鍼灸院では例年、なるべく年末年始も急な症状の患者さんには対応するようにしています。
振り返ってみると、毎年1~2人は来院していますね。
やはり大掃除が負担になるのか腰の悩みが最多です。
他の関節の痛みや頭痛なども方もいました。
休みに鍼灸院を探すくらいですから、よっぽどつらい状態だったわけです。

折角のお正月にですから、何ごともなくのんびり過ごせるのが一番です。
そのためにも上記のようなことに気をつけて年末年始を過ごしてみてください。
回一堂鍼灸院は28日(水)までやっているので、鍼灸を受けておくのも有効ですよ!