前回の記事で鍼灸院をおすすめする理由を書きました。
[関連記事:鍼灸院選びのヒント]
今度は数ある鍼灸院の中でどこに行くか、というところに言及してみます。

究極的に言うと、鍼灸院を見つけるのは知り合いからの口コミが一番です。
実は鍼灸院は法律で広告に出せる内容が規制されています。
「施術者の氏名及び住所」「業務の種類」「施術所の名称、電話番号、住所」「施術日時」だけなのです。
この内容だけの広告を見て鍼灸院としての良し悪しを判断するのは不可能に近いですよね。
ホームページでは掲載できるのですが、老舗のようなサイトを持っていない鍼灸院は見つけられません。
そこで頼りになるのが口コミです。
実際に施術を受けた人の感想なので色んな点で参考になります。
体調が悪くて鍼灸院を探しているなら、周りの人に良い鍼灸院に行ったことがないか訊いてみるのがベストです。

症状に合わせた鍼灸院を選びたいという方もいるかもしれません。
どうせ治療を受けるなら、その症状を得意とする先生に診てもらいたいですもんね。
しかし、ここにも難しい問題があります。
東洋医学的な鍼灸ってかなり広い範囲をカバーできちゃうんです。
東洋医学的な鍼灸治療と一口に言っても、流派から治療法から色々あります。
それでも共通しているのは身体のバランスを整えて、身体自身の力を使って治すということです。
患者さんの身体の、いわば自然治癒力を利用するので理論上はほとんどの症状に対応できます。
そうなると経験してきた患者さんの傾向などで若干の得手不得手はできても、治療院ごとに極端に偏ることはあまりないはずです。
鍼灸院を選ぶ際にそこが東洋医学的な治療をしているならば、得意分野に気を取られ過ぎる必要はありません。

では、その東洋医学的な鍼灸院を見分けるにはどうしたらいいか。
当院のように東洋医学的な鍼灸をアピールしている場合ばかりではありません。
ではどうするかというと、治療を受けてみて判断する方法はあります。
簡単なのは鍼灸師が身体の状態をどのような方法で診ているかに着目することです。
東洋医学(東洋哲学)には「全体は一部、一部は全体とシンクロしている」という発想があります。
身体に当てはめて具体的に言うと、脈・舌・腹・顔など一部分の状態から全身の状態を判断するということです。
実際に、これらの判断方法は何千年も前から東洋医学に取り入れられています。
当院でも主に脈とお腹から身体の状態を診立てています。
他にも舌や顔などを診ているようであれば、その鍼灸院は東洋的な鍼灸をやっていると言えます。

色々と鍼灸院の判断基準を書きましたが、究極的には患者さんと鍼灸師の相性が一番です。
ここでいう相性は治療法・技術・会話・性格などすべてを含みます。
相性が合って気分良く施術を受けられれば、治療効果はより出やすくなります。
鍼灸院は人間が人間を治療する場です。
自分がしっくりくる鍼灸院を探してみて下さい!