山梨に東洋医学の良さを広めたい鍼灸師のブログです
  • HOME »
  • 東洋医学

タグ : 東洋医学

寒いと痛むのは良い兆候?

山梨も冬本番を迎え、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。
こうなるとよく聞くのが「冷えると○○が痛い(痛みが増す)」という言葉。
痛みがあるのですから状態が悪いように思えますが、きちんと身体を改善していけば治る余地もあるんです。

『易の実践読本』のすすめ

『易の実践読本』は先月に出版されたばかりの新しい本です。
著者は前回紹介した本と同じく小林詔司先生、僕の師匠の師匠にあたる鍼灸師です。
「なぜ鍼灸師が占いの本?」と不思議ですよね。
実は易と東洋医学には切っても切れない深い関係があるんです。

『やまい一口メモ』のすすめ

当院では、身体の疲れによって様々な症状が引き起こされると考えています。
患者さんにそう伝えると、「どうしたら疲れないようになりますか?」と訊かれることがあります。
その都度お伝えしているアドバイス、その基となっている『やまい一口メモ』という本を紹介しようと思います。

台風で古傷発見を!

今年は台風がいくつも関東に接近・上陸しました。
強い台風が続いたわけですから、もちろん身体にも影響があります。
今回は気圧の変化による影響を体調管理に活かした話です。

秋でも汗をかいていますか?

今年は梅雨明けが遅かったばかりでなく、秋の入りも遅いみたいですね。
山梨を含む関東では、10月に入っても30℃を越す日がありました。
その割に陽が落ちればきっちり温度は下がり、涼しい風が吹くようになります。
気温差自体ももちろん身体の負担になるのですが、今回は汗という観点で考えてみます。

Page 1 / 2012»

自己紹介

山梨県甲斐市の回一堂鍼灸院のブログです。
 ・鍼灸院のお知らせ
 ・鍼灸治療の紹介
 ・日常生活のアドバイス
などを書いています。

過去の記事

PAGETOP
Copyright © 回一堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.