山梨に東洋医学の良さを広めたい鍼灸師のブログです

タグ : 鍼灸

鍼灸治療は千差万別

最近テレビで何回か鍼灸が取り上げられました。
それを見て来院した方々から「テレビに出たのと同じ症状だから同じ治療をしてほしい」と言われることがあります。
他にも、「以前行っていた鍼灸院と同じことをしてほしい」と頼まれることもあります。
申し訳ないことにそのような要望はお受けすることができません。
日本の鍼灸っていろいろな流派があるので、見ず知らずの鍼灸師と同じ治療ができることの方が少ないんです。

「気」の性質に逆らわない生活を

11月24日(土)~25日(日)に大阪府で日本伝統鍼灸学会の学術大会が行われます。
僕も例年通り参加し(休診となりご迷惑をおかけします)、一般口演枠にて発表をする予定です。
内容は去年までに引き続き、江戸時代の『養生訓』という本の研究です。

お灸ってどんなもの? (3)

突然ですが、お灸をしている場面をイメージしてみて下さい。
縁側などでお灸をしている図が思い浮ぶ方もいるのではないでしょうか?
一昔前までは、そのイメージ通りに自宅でお灸をする方が少なくなかったようです。

その印象があるためか、患者さんに「家でお灸したら早く良くなりませんか?」と訊かれることがあります。
そこで今回は自宅でお灸の効果を活用するポイントをいくつか書いていきます。

お灸ってどんなもの? (2)

前回の記事で書いた通り、お灸をする時にはツボの上で艾(もぐさ)を燃やします。
[関連記事:お灸ってどんなもの? (1)
受ける方には熱感があるため、冷えに効くと思われがちです。
今回はもっと奥深いお灸の凄さをご紹介します。

お灸ってどんなもの? (1)

皆さんはお灸を受けたことはありますか?
患者さんに「今までお灸を受けたことはありますか?」と尋ねると、ほとんどの方が未体験でした。
お灸という言葉は知っていても、どういうものか全くわからないという方が多いくらいです。
詳しく知らないからこそ、熱いという印象が先行して避けられている場合もあるでしょう。
そこで、何回かに分けてお灸について書いていこうと思います。

Page 1 / 912»

自己紹介

山梨県甲斐市の回一堂鍼灸院のブログです。
 ・鍼灸院のお知らせ
 ・鍼灸治療の紹介
 ・日常生活のアドバイス
などを書いています。

過去の記事

PAGETOP
Copyright © 回一堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.