山梨に東洋医学の良さを広めたい鍼灸師のブログです

タグ : 冷え

眠れなくなる理由は?

8月最初の土曜日に、所属する会の夏期学生セミナーがありました。
名前の通り、学生に僕らが普段やっている治療法を紹介し教えるというセミナーです。
僕が講師として携わるのは3回目なのですが、少し前から今までになく緊張してしまいました。
結果、睡眠のリズムを崩してしまったんです。

咳は身体のために出る

鍼灸に限らず東洋医学では「症状は必要があって現れている」とよく言われます。
一見すると症状自体はつらく悪いものに思えますが、本当の問題をフォローするために現れているというわけです。
最近、それを改めて感じたので記事にしてみます。

温め過ぎに注意

今冬は12月は比較的暖かく、年末は冷え込むという急激な経過を辿りました。
温度差があると例年並みの冷え込みでも、実感としてはかなり寒く思えますね。
この実際以上に寒く感じるという錯覚が曲者で、必要以上に温かくしてしまう方が多いようです。

集中力も疲れ次第!

つい先日、とある本を読んでいたら面白い記述がありました。
要約すると「ある行動に飽きるのは、その行動に関わる部分がそれ以上疲れないようにするため」ということです。
言われてみると、無理なく納得できそうです。
同時に、鍼灸がいわゆる発達障害にも適応できる理由の1つだとも思ったのです。

お灸ってどんなもの? (2)

前回の記事で書いた通り、お灸をする時にはツボの上で艾(もぐさ)を燃やします。
[関連記事:お灸ってどんなもの? (1)
受ける方には熱感があるため、冷えに効くと思われがちです。
今回はもっと奥深いお灸の凄さをご紹介します。

Page 1 / 1012»

自己紹介

山梨県甲斐市の回一堂鍼灸院のブログです。
 ・鍼灸院のお知らせ
 ・鍼灸治療の紹介
 ・日常生活のアドバイス
などを書いています。

過去の記事

PAGETOP
Copyright © 回一堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.