山梨に東洋医学の良さを広めたい鍼灸師のブログです
  • HOME »
  • 『養生訓』

タグ : 『養生訓』

散歩のすすめ(1)

11月24~25日に大阪で日本伝統鍼灸学会の学術大会が行われました。
先月の記事でも書きましたが、僕も一般口演という形で研究発表をしてきました。
[関連記事:「気」の性質に逆らわない生活を
テーマは去年に引き続き『養生訓』という江戸時代の本です。

『養生訓』の中では健康のために散歩をすることが勧められています。
これまではそのことを何気なく、当然のこととして受け止めていました。
しかし今回の研究テーマと合わせると、更なる散歩の良さに気づいたのです。

「気」の性質に逆らわない生活を

11月24日(土)~25日(日)に大阪府で日本伝統鍼灸学会の学術大会が行われます。
僕も例年通り参加し(休診となりご迷惑をおかけします)、一般口演枠にて発表をする予定です。
内容は去年までに引き続き、江戸時代の『養生訓』という本の研究です。

『養生訓』のすすめ

10月14日(土)~15日(日)と金沢で日本伝統鍼灸学会学術大会が行われました。
そこで一般口演として「陰陽で観る『養生訓』」を発表して参りました。
昨年の学会で発表したものの続報という形になっています。
[関連記事:学会で発表してきました!

『養生訓』については、ここ何回かこのブログでも取り上げてみました。
[関連タグ:『養生訓』
今回は「そもそも『養生訓』とはどんな本?」という点について書いてみたいと思います。

お風呂の勘違い(2)

前回の記事ではお風呂と湯冷めについて書きました。
[関連記事:お風呂の勘違い(1)
これを読んで「江戸時代と違って今は家が温かくて湯冷めしないのでは?」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、現代のお風呂の方が湯冷めしやすい部分もあるんです。

お風呂の勘違い(1)

9月になり朝晩が涼しくなってきました。
夏場はシャワーと言う人も、そろそろ湯船に浸かりたくなる頃ではないでしょうか?
お風呂で温まるのは身体に良いことと思われています。

実はそれは大きな勘違い。
間違った入浴をしていると身体は冷えてしまいます。
そう言われてもなかなか実感できないとは思います。
しかし、江戸時代にすでにお風呂のデメリットについて言及した本があるんです。

Page 1 / 212

自己紹介

山梨県甲斐市の回一堂鍼灸院のブログです。
 ・鍼灸院のお知らせ
 ・鍼灸治療の紹介
 ・日常生活のアドバイス
などを書いています。

過去の記事

PAGETOP
Copyright © 回一堂鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.