今日は秋分の日、昼と夜の長さが同じ日です。
東洋医学的にはそれだけではなくちょっとした意味のある日なのです。
秋分の日からは「陰中の陰」の季節が始まります。
これは昼の時間が短くなっていく時期=陰の時期の中でも、夜の方が長くて特に陰という意味です。
「陰中の陰」は冬至の日まで続きます。

陰という言葉ではわかりにくいですよね。
平たく言ってしまえば陰=寒です。
つまり段々と寒くなる中で特に寒い季節ということになります。

東洋医学的に見なくとも、これから寒くなる時期なのは間違いありません。
特に昼はまだ温かく夜が冷え込むこの時期は、身体にかかる負担も大きく体調を崩しがちです。
身体が寒さに慣れるまでしばらくの間、いつも以上に気温に気を付けることが重要です。
上着を1枚多く持ち歩く、冷たい物の飲食を減らしていくなど、季節の変わり目対策は簡単にできますよ。