5月に入ってから気温が高い日が続いています。
夏日どころか真夏日・猛暑日となることもありますね。
そうなると天気予報で良く耳にするのが「汗ばむ陽気」という言葉。
でも皆さん、本当に汗ばんでいますか?

暑いのに汗ばまない?

上の質問を患者さんにしてみました。
すると、あまり汗をかいてないという答えの方が多かったんです。
これは夏日であっても本当の夏と違って朝晩が涼しいから。
気温差に身体が対応しきれてないということなんです。

人の身体は気温が低い時には熱を逃がさないようにします。
逆に暑ければ身体に熱を溜め込まないように働きます。
気温に合わせてこの切り替えがうまくできれば問題ありません。
しかし、疲れていたりすると気温差に切り替えが追い付かなくなります。
例えば、昼になって気温が上がっているのに対応できないと、熱をためないどころか逆に溜め込んでしまいます。

気温差があるときは油断しない

熱がこもると頭痛や吐き気などのぼせ症状はもちろん、痒みや痛みなど様々な不調が現れます。
そんな時、鍼灸では熱がこもっているからと言って冷やすわけではありません。
身体の疲れをとれば、あとは自分の力で暑さに対応し症状が落ち着いてくるんです。

逆に疲れをそのままにしておくと、なかなか気温差についていけず身体への負担は増すばかりです。
その目安の1つは、汗ばむ陽気で汗ばんでいるか。
暑くても汗をかかないほど疲れているならば、まずは休息や睡眠で身体を労ってあげて下さいね。