山梨ではここ数日ちょっと暑さが小休止。
とは言え、最高気温は30℃を越えるので少しも油断できません。

これだけ真夏日が続くと身体もだいぶ熱くなっていると思いませんか?
ところが治療のために患者さんの身体に触れてみると、意外とどこかしらが冷たくなっている人が多いのです。
特にお腹が冷たい人が結構います。
そういう人たちはほとんどが夏バテ傾向にある人なのです。
自分のお腹に触れてみて下さい。
他に比べて冷たい部分はありませんか?
冷たい部分があった人は夏バテの兆候はありませんか?

これだけ暑いとエアコンの効いた部屋にこもったり、冷たいものを飲食したりしがちだと思います。
気持ちはわかりますが、それが夏の身体に大敵なのです。

身体を冷やすと、体温を一定に保とうとする働きで冷えた場所を温めようとします。
温めるということは燃料を燃やすということです。
人間における燃料は、平たく言えば体力です。
冷えた場所を温めるのに体力を使うと、今度は暑さに対抗するためのエネルギーが足りなくなってきます。
となるともう夏バテ一直線です。

もちろん熱中症予防の為にエアコンや水分はとても大事です。
何事もほどほどが一番。
涼しい程度の部屋で室温の飲物を飲むようにすると、夏バテが軽くなりますよ。