前回の投稿から少し間が空いてしまいました。
私生活の方でバタバタしていて文章を書くまとまった時間がとれずにいたのです。
と言いますのも、実は11月中旬に父親デビューしました!
鍼灸にもちょっと関係しているのでブログでもご報告です。

母親となった僕の妻ですが、元々はかなりの冷え性でした。
回一堂鍼灸院でも今まで多くの不妊さんを診てきましたが、そのどの方よりも身体が冷えていました。
真夏に厚手の靴下ごしに足を触っても冷たいのがわかるくらい、と言えば一端が伝わるでしょうか?
鍼灸治療のためにお腹を触っても、以前はお腹全体が固く圧痛がある状態でした。
鍼灸治療を習い始めの頃は、練習台になってもらっても全く改善せず何度も心を折られました(苦笑)。

それでも何年も治療を続けているとちょっとずつ変化が見えてきました。
僕の腕が上がったという要素もあるでしょう。
しかし一番大きかったのは年単位で治療を続けてきたことだと思います。
その結果、妊娠を考え始めてからも不妊で困ることはありませんでした。

妊娠してからもなるべく毎日治療をしていた効果があったと思います。
全くトラブルがなかったとは言いませんが、つわり・逆児・妊娠高血圧症候群などの大きな問題はなく妊娠期間を過ごせました。
陣痛も思っていたより軽く、産後も疲れなどはあまりないようでした。
母乳も十分な量が出そうでホッとしています。
僕としては、妊娠中も陣痛中も鍼をするといい方向に胎児が動いたのが印象的でしたね。
(ちなみに妊婦さんには刺さらない鍼を使います)

家族と言うプライベートなことをブログに書くかどうしようか悩みました。
しかし、「あんなに身体が冷えていた僕の妻でも鍼灸治療を続ければ改善して妊娠・出産できましたよ!」と伝えたくて記事にしました。
極度の冷え性や不妊で悩んでいても、鍼灸治療で体質が改善すれば可能性があるはずです!

鍼灸師としても妻の妊娠・出産は多くのことを学べました。
不妊や逆児の患者さんが多いので、今までも妊娠などについて調べたりはしていました。
しかし実際に間近で経過を見てきた経験は、活字の何倍も勉強になりますね。
これからは実感をもって患者さんに対応することができそうです。
何より子どもが生まれたという喜びを患者さんにも味わってもらいたいという気持ちが大きいですね。
不妊などで悩んでいる方がいたら是非当院にいらっしゃって下さい。
僕も鍼灸を通して精一杯サポートするので、一緒にがんばりましょう!